HIPHOP-Rap
おすすめのヒップホップ・ラップ
search
最終更新:
【邦楽ヒップホップ】日本語ラップの名曲

【邦楽ヒップホップ】日本語ラップの名曲

2010年代のフリースタイル・ブームによって、再び日の目を見るようになった、日本語ラップ。

インターネットを通じてUSのラップも一般の層に入りやすくなったため、ゆるやかではありますが、日本でもラップの需要は伸びています。

今回は、そんな日本語ラップの名曲をセレクトしてみました!

1990年代や2000年代のオールドスクールから、現代のシーンを引っぱる優秀な新人ラッパーの名曲などもピックアップしています。

昔のラップが好きな方も、現在のトラップが好きな方も楽しめるので、ぜひ最後までごらんください!

もくじ

【邦楽ヒップホップ】日本語ラップの名曲

Rep feat. MACCHOZORN

若い頃からMCバトルイベントへ出場し、その実力を示し続けてきたZORNさん。

そんな彼がOZROSAURUSのMACCHOさんとコラボレーションしたのが、こちら『Rep』です。

2019年にリリースされたこちらの楽曲、注目してほしいのは地元愛にあふれたリリック。

東京は葛飾区出身のZORNさんが、自身のヒップホップ人生を振り返るように歌います。

かっこいい、かつユーモアにあふれたメッセージ性は葛飾区生まれの方じゃなくても刺さるはずですよ。

荒木若干

I’m in ChargeTOKONA-X

ラッパーの生き方をまくし立てる、熱っぽいナンバーです。

名が体を表す、愛知県常滑市育ちのヒップホップMC、TOKONA-Xさんによる楽曲で、2004年にリリースされたファーストアルバム『トウカイXテイオー』に収録されています。

めまぐるしいとも表現できる、スピーディーなフロウに圧倒されますね。

豪快な人生観が見えてくるリリックもひかれる理由の一つでしょう。

TOKONA-Xさんは同年に惜しくも亡くなられてしまいましたが、その音楽は今なおヒップホップファンの心に刺さり続けています。

荒木若干

人間発電所BUDDHA BRAND

1989年に結成されたヒップホップグループ、BUDDHA BRAND。

1988年にメンバーであるMASTERKEYさんがニューヨークに渡った際、DEV LARGEさんとNIPPSさんに知り合い結成されました。

1995年にリリースされたデビュー・ソング『人間発電所』は当時、メジャー、アンダーグラウンドを問わず、でブームを起こした作品です。

ニューヨーク仕込みの本格的なフロウが印象的です。

ぜひチェックしてみてください!

Ryo

知らざぁ言って聞かせやSHOWTOKONA-X

東海を代表する伝説のラッパー、TOKONA-Xさん。

26歳に熱中症によって亡くなりました。

全盛期に亡くなったから伝説になったわけではなく、生前の20代とは思えない貫禄から伝説と扱われている、実力派のラッパーです。

なかでもバイブスに関しては非常に熱く、般若さんに匹敵するほどの引き込む力を持っています。

こちらの『知らざぁ言って聞かせやSHOW』は、そんな彼の音源のなかでも、特にバイブスが熱い名曲です。

Ryo

反吐 (feat. 呂布カルマ)DOTAMA

家族が学校関係者という教員一家に生まれ、ラッパーのイメージとは真逆のスーツ姿で活動している異色のヒップホップMC、DOTAMAさん。

現在バラエティー番組などでも活躍している呂布カルマさんをフィーチャーした『反吐(feat. 呂布カルマ)』は、アグレッシブなメッセージの応酬がテンションを上げてくれますよね。

長年にわたるサラリーマンとしての経験から生まれる社会への風刺をイメージさせる歌詞は、何度でもかみしめたくなるメッセージ性を感じられるのではないでしょうか。

鋭い言葉のマイクリレーを楽しめる、オススメのヒップホップナンバーです。

星野貴史

Never Lie (feat. YAMATO HAZE)MuKuRo & Gerardparman

MuKuRoさんとGerardparmanさんのタッグによって発表されたアルバム、『Ca$h Flow』に収録されている楽曲です。

ゲストとしてYAMATO HAZEさんを加えた3人で作られ、歌唱されている楽曲ですね。

トラックはおだやかな雰囲気で、後ろで響くコーラスによって、落ち着いた心が表現されているようにも感じられます。

タイトルにもあるように「うそ」がキーワードの楽曲で、うそを重ねることでどのように状況が変化していくのかといった部分が描かれているような楽曲ですね。

河童巻き

NITRO MICROPHONE UNDERGROUNDNITRO MICROPHONE UNDERGROUND

アンダーグラウンドシーンの伝説的グループ、NITRO MICROPHONE UNDERGROUND。

決して日の光を浴びることのない、ゴリゴリの雰囲気をただよわせた曲をリリースしているグループです。

こちらの『NITRO MICROPHONE UNDERGROUND』はオールドスクールに分類されるのですが、時代を感じさせないフロウが魅力的な作品です。

アンダーグラウンドのヒップホップが好きな方は、ぜひチェックしてみてください!

Ryo

続きを読む
続きを読む